お肌は見えるところです。色白は七難隠すとも言われるほど色が白ければ美しくも見えます。お肌が綺麗かどうかというのは見た目も大きく違ってきます。お肌のくすみや黒ずみ、シミは色素沈着が原因の場合があります。このような場合は、メイクによってきれいにすることも可能です。しかしメイクを取った肌はシミだらけではがっかりです。出来れば「すっぴん」で美しく見られたいと思うものです。
この「シミ」ですが
、ニキビが原因となっている場合もあります。
ニキビが原因となっているものには
・肌荒れ記憶じみ=「炎症性色素沈着」~ニキビや肌荒れなどの炎症のあと、脱毛や毛抜きによる刺激でできたかぶれのあとのしみ
・赤じみ(赤ら顔・酒さ・毛細血管拡張)
などです。
また色によってもニキビ跡が原因と思われるシミがあります。ニキビ跡が原因と思われるシミの色は、黒、茶色、紫などです。
原因を探り合った対処方法でケアしましょう。

【敏感肌スキンケアランキング】化粧水・クリーム・美白化粧品の選び方・・・http://www.xn--cckvabmc0c5wrcdb7576ksrk9j0g.net/

治療法は有るのでしょうか。
ニキビがクレーター化してしまうと一般的なにきび跡に比べると治り辛くなります。ニキビ用のコスメなどでは治りません。
皮膚科や美容クリニックで治療になるでしょう。
一般的なクレーターの治療法では、ケミカルピーリングやレザー照射、フォトフェイシャル、イントラセル、フォトRF、FGFなどがあります。これらの治療法を施し完治するまでにはかなりの期間を要すると思っていた方が良いでしょう。期間は個人差がありますが数年はかかると思います。
これだけの期間を要するのですから費用も半端ではない金額が必要になります。クレーターの治療には、費用も肝に銘じておかなければなりませんが期間がかかるということで根気も必要です。
しかしこのクレーター化してしまったニキビ跡はいい印象としては捉えられません。
不潔そうに見られたりせっかくの美人さんがおしまいになったり結婚式の時もがっかりかもしれません。
気にしなければそれで済むことかもしれませんが女性ならばなおしたいと思うことでしょう。
気になるようでしたらできるだけ早めに治療を開始することです。そして根気よく!!治療を続けましょう。


しかし、ニキビ跡を隠したいがために必要以上のカバーメイクをされることはおすすめできません。
例えば、ファンデーション。リキッドタイプは毛穴を塞いでしまいます。皮膚呼吸ができくなるわけですから肌にいいはずがありません。できればパウダータイプを使用するようにしましょう。
そこでここではおすすめのファンデーションを紹介しましょう。
①「MMU」(ミネラルファンデーション)
~・天然の鉱物(=ミネラル)で作られた肌に優しいファンデーション。
・石鹸でも落ちる。
・毛穴をふさがないので、ニキビ・吹き出物ができにくい。
②クレドポー
~・1時間程度経ってお肌に馴染んできた頃や 長時間の崩れにくさを実感できる。 
・油分が多い
・値段が高いが値段だけのことはある
③カバーマーク(ソフト<ES>パクト)
・油分もカバー力も抜群
・ナチュラルな仕上がり
・乾燥肌でカサカサの肌でもOK
④ミシャ「BBクリーム」
・カバー力、フィット感は抜群
・値段も安い
・下地不要
・香料が入ってる
どのファンデーションも一長一短あります。自分に合ったものをチョイスしましょう。
しかし根本的には、ニキビ跡を治療することがおすすめです。

様々な原因がありますのであげておきましょう。
①ストレスや生活の乱れ
②環境の変化。
③睡眠不足
④便秘
⑤ホルモンのバランスの乱れ。
⑥肌の水分不足による、角質層のバリア機能の低下。
⑦脂っぽいものや甘い物・アルコールなど糖分の多い食事の過剰摂取。 ⑧辛い物など刺激の多い食事。
⑨鉱物油や刺激性の強い成分を含む化粧品・ヘアリキッドの使用。
⑩洗顔にカルキ(塩素)や化学物質を多く含む水道水の使用
⑪肌への刺激。
⑫運動不足・筋力の低下
⑬血行不良
⑭新陳代謝の悪さ。
等々が挙げられます。
これらの中で思い当たるものがあればニキビができやすい環境になります。
出来るだけこのような環境から離れた生活を心がけることでニキビ予防ができます。
またこのような情況下と反対の生活をすることがニキビ予防になります。

お肌に決して良いことではありませんが誤魔化すことはできます。しかし出来れば元から立ちたいと思うことでしょう。
シミはその色によって原因が違ってきます。
《茶色》のシミの主な原因は「メラニン色素」です。ですから、美白美容液が対策になります。
《黒、紫》のシミはニキビ跡によりおこります。原因となる物質はヘモグロビンです。美白美容液では綺麗にはなりません。
《黒、紫》のシミは、皮膚科や美容クリニックでの治療になります。治療法としては、レーザー治療やケミカルピーリングになります。しかし安易なことではありません。特にを、ニキビ跡で色素沈着となっている場合は100%の改善は困難です。
何よりニキビ跡は
色素沈着化してしまうと厄介です。できるだけ
ニキビ跡を残さないことです。ニキビは初期の段階で治療をしましょう。
またニキビ跡を隠そうと、BBや、コンシーラーを毛穴にまで塗りこむと皮膚呼吸が出来ません。より悪化させてしまうことになりますから、ニキビ跡のカバーメイクをしながらもケアをしを根本的な治療を受けましょう。

デコボコのニキビ跡はクレーターのようでニキビ跡の中でも最も治りにくい状態です。特に治りにくいと言われています。
肌自体がデコボコしてしまっているので、メイクでもカバーしきれません。
なによりクレーターにならないことが何よりなのです。ニキビ肌のトラブル状態はニキビの可能の度合いによって変わってきます。化膿が進むと、ニキビがどんどん大きくなってしまい皮膚へ与えるダメージも大きくなります。結果、クレーターになってしまいます。
こうならないためにはニキビを早い段階で治療することです。ニキビができたら黒ずむ前のニキビを白い段階でケアをきちんとしましょう。そうすることで、クレーター化を防げます。
治療を怠ると ニキビはクレーター化してしまいます。ニキビができたら放置しないことです。ニキビは青春のシンバルではありません。現代はきちんと治療をしなければならないのです。
若い時は肌がニキビになりやすい状態でもあります。
少ないうちはニキビ用の洗顔を使ったり、ニキビ用の薬を使うなどのケア方法もあります。しかし、早めに皮膚科で診て貰うことが跡を残すことなく治りも早いです。また食生活や生活習慣も気をつけることも重要です。

ニキビは皮フ科へ.jp・・・http://www.nikibi-hifuka.jp/

若いころは、ニキビも青春のシンボルなどと言われ若さの象徴のように言われますが当人は気にしているはず。触ってみたり潰してみたりで気に美が後になってしまっている方も少なくないことでしょう。
ニキビ跡がクレーターの様になってしまっている方は辛い思いをされているのではないでしょうか。
女性ならば色素沈着ていどならばお化粧でカバーできます。しかし男性はどうしようもありません。

ニキビは出来たときが大事です。ニキビは放置しておくものではありません。きちんと手入れをして上げることで元のお肌に戻すことができるのです。
しかし、ニキビが悪化してしまうと、ニキビ跡が残ってしまいます。そうなると治りにくい状態になっています。
ニキビ跡と言うのは赤ら顔、クレーターのような状態、毛穴が開いたままなどみっともない状態の肌になります。
ニキビができたしまった時は正しくお手入れをし後にならないようにケアしましょう。
それが最善策です。
まずニキビができたら気になるかとは思いますが触ってはいけません。ニキビの先に白い物が溜まると気になり
ぷちっと潰してしまうことが出てくるかもしれません。これはいけません。
ニキビ跡ができた場合はもう病院へ行くしか方法はありません。病院でちりょうを受けましょう。
治療法にはレーザー治療、ケミカルピーリングなどがあります。